渋谷

渋谷には、何と9路線もの電車が乗り入れています。どこへでも行けるというのは、渋谷という場所に住む大きな魅力となっているのは間違いありません。

 

JRについては山手線と埼京線、湘南新宿ラインという同じ方向への電車のみですが、私鉄については、東急東横線、東急田園都市線、京王井の頭線とさまざまな方向へ向かう3路線があります。それに、地下鉄も東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営地下鉄副都心線など3路線があるなど、あらゆる方面へのアクセス条件が整っている、交通に関して好立地の場所になっているのです。

 

渋谷は、デパートの多さにも注目すべきスポットといえます。
東急デパートは本店と東横店とに分かれ、西武デパートもマルイも揃っています。他県からわざわざ買い物に訪れる人もいて、いつでも活気に満ちています。渋谷を訪れる人でとくに目立つのが若者たちです。109のファッションビルをはじめとして、パルコやTSUTAYAもあり、人気ブランドショップも立ち並んでいます。若者文化の先駆けの地区ともなっていることから、独自のファッションが流行ったりすることもあります。

 

最近では、IT系の企業が多く集まってきていて、若者が働く場所にも恵まれているエリアとなっています。渋谷に住むとなると、賃料のことは考えなければならない問題となるかもしれません。家賃に関しては、新宿や池袋などよりもやや高くなりますが、その代わりに住みやすさといった点は有利になっています。ただ、渋谷に住むことで治安のほうが不安という人もいるようですが、物件自体はセキュリティも高く安心です。それに、オール電化やバリアフリーに対応しているなど、新しい趣向の物件などが豊富にあるのです。

 

恵比寿

恵比寿の名前の由来がビールの銘柄に由来することは誰もが知っているでしょう。ただ、恵比寿ガーデンプレイスができるまでは、ただのウンチクとしては知っていても、この地にビール工場があったという実感を持っていた人は少なかったかもしれません。恵比寿ガーデンプレイスは、今では、恵比寿のランドマーク的な存在になっていて、休日には家族連れからカップルまで多くの人がさまざまなイベントを楽しみに訪れます。ここでは、できたてのビールが安価で飲めるということで、ビール党には嬉しい限りです。それに、普段はビールだけでなくお酒自体もあまり飲まないという人も、厳選されたビールに合うおいしいつまみがあることから、ビールができるまでを見学したりして楽しむことができます。

 

恵比寿は、新しい路線の開通などで、交通アクセスが大きく変化した街でもあります。昔は、JR山手線と東京メトロ日比谷線の乗り換え駅といった雰囲気であったのが、JR埼京線や湘南新宿ラインが乗り入れると、郊外からも気軽に来ることができるようになり、街の発展に拍車がかかるようになりました。多くのショップやレストランを有する駅直結のアトレ恵比寿もオープンして、恵比寿駅周辺には、多くの飲食店が軒を連ねるようになったのです。今では、有名焼肉チェーン店やラーメン店などの本店が拠点を構えるなど、グルメの街といった雰囲気も漂わせています。

 

恵比寿駅のホームに降り立つと、恵比寿ビールのCM曲としてもお馴染みの映画「第三の男」のテーマ曲である発車メロディが迎えてくれます。ホームに降り立って、そのメロディを聞くと、楽しくワクワクした気分になります。それは、この街で何か楽しいことがありそうという期待感の高まりなのでしょう。

TOPへ