三軒茶屋

「三茶」という呼び名で親しまれている三軒茶屋は、グルメにも人気のある街です。

 

食通が足しげく通う店が数多くあり、オーナーシェフの店も多いことから、お互いに親交を深めたり情報交換をするなど、グルメ交流の街となっているのです。

 

しかも、一方では値段については庶民感覚のところが多く、下町感覚もあって、だれもがつい呼び寄せられてしまう、そんな街といえます。夜な夜なフリークが談笑にふけり、夜遅くまで盛り上がりをみせる三軒茶屋は、劇場や公共施設を抱えるキャロットタワーを中心に、近年は文化の街としての顔も見せはじめてきています。古きよき下町の雰囲気のなかにも、新しい文化の香りが漂ってきている街でもあるのです。古くからの商店が周辺に建ち並ぶこじんまりとした東急世田谷線の始発駅となっている一方で、最近は、東急田園都市線の中心駅としての賑わいも見せてきています。変わらない下町情緒と、文化の街としての変わりゆく姿が渾然一体となって融合しているのです。

 

そんなさまざまな顔を見せてくれる三軒茶屋は、地方から東京へ出てきた若者にも、東京の魅力を十分に味わわせてくれる街として人気を得ているようです。そして、三軒茶屋の魅力にどっぷりと浸ってみたいというので、すぐ近くに住んでみたいという人がたくさんいるようです。遊びながらも住みやすさを感じているからであり、夜遅くまで楽しみたいという気持ちを起こさせるのも三軒茶屋ならではのようです。そんな三軒茶屋の魅力をひと言でいうならば、世田谷という山手の中の下町といったところでしょう。

 

世田谷区

世田谷区は東京都23区の城南地区に位置しております。東京都23区の中で最も人口が多く80万人を超えております。この人口は島根県や鳥取県の県民の人口よりも多くなっており、政令指定都市なみの大変多い人口となっております。かつては世田谷区が大田区よりも面積が広く、東京都23区の中では一番大きかったのですが、大田区は羽田空港など埋立地によって世田谷区を逆転して現在では、大田区が東京都23区の中で一番大きい区となっております。

 

世田谷区は調布市、狛江市、三鷹市、杉並区、渋谷区、目黒区、大田区、神奈川県川崎市と隣接しております。ショッピングセンターのさきがけとなった玉川高島屋は世田谷区にあります。この玉川高島屋付近にはかつて二子玉川園という遊園地がありました。その後ナムコワンダーエッグやねこたま、いぬたまなど変遷し現在は住居と大型商業施設が建設されました。東京都23区内で最も直線コースが長いとされていた「東急自動車学校」もかつてこの地にありました。

 

世田谷区の三大商店街は下北沢、三軒茶屋、尾山台です。下北、三茶はイメージがつきますが、尾山台は意外と思う方も多いかもしれません。しかしこの尾山台の「ハッピーロード」もなかなかお店が充実しており、あなどれません。尾山台をはさみ東側は等々力があります。等々力といえば等々力渓谷です。とても23区内とは思えないくらいの趣があるところです。尾山台の西側は九品仏です。住所は奥沢ですが、やはり九品仏浄真寺のイメージは強いです。尾山台はテレビもロケも多く、かつてのトレンディドラマで唐沢寿明、福山雅治が出演していた「ホームワーク」のラストシーンも尾山台でありました。

TOPへ