大森

大森の魅力は、庶民が暮らしやすい街ということでしょう。

 

大森駅の周辺には、イトーヨーカドーやオオゼキ、成城石井、西友、東急ストアと、じつにさまざまなスーパーマーケットがあり、あの庶民の味方とも言われるダイシン百貨店があります。

 

それに、総合病院が多いことでも知られ、年配者にもやさしい街とも言われています。牧田総合病院をはじめ、いすゞ病院 、東邦大学医療センター大森病院、大森赤十字病院と、ずらりと知られた名前が並んでいます。

 

大森駅は、海からは10分あまりの場所に位置しています。
海に近づくにつれて潮風の香りも漂いはじめ、改めて東京が海に面した都市であることを感じさせてくれます。大森近辺の海は、江戸時代から海苔の養殖が盛んで、今でも海岸近くには海苔の販売店が営業を続けています。

 

また、おいしい海苔があることで、近所には蕎麦や寿司の名店も多く、和食通には見逃せない地となっているようです。

 

最近は、海岸のほうも整備も進み、大田区にある平和島公園やふるさと浜辺公園などへ歩いて行くことができ、家族でくつろげるスポットとして注目されています。

 

大森は、JR京浜東北線や私鉄の京浜急行線で東京駅や羽田空港へ出るのも便利なため、出張族にとってもとても便利な場所として注目されています。

 

また、地元に住んで地元の職場で働くという人も多くいます。大森には多くの町工場があり、技術を身につけて職人として生きたいという人にとっては、魅力的な街でもあるのです。近年は、商業複合施設の大森ベルポートに多くのオフィスが入っており、既存の技術を新たな形で活かすというところを目指す新たな形での産業の発展もみられるようです。

 

 

大田区

東京都23区のいわゆる、城南地区に大田区は位置しております。大田区は東京都23区の中で最も広い面積を誇ります。大田区の名前の由来は、かつての大森区と蒲田区がくっついて大田区になりました。

 

 

東京都23区の中でも暮らしやすい地域としても知られています。区内は調布地区、大森地区、蒲田地区に大きくわけると3つに分かれます。調布地区は田園調布でもおなじみで、高級住宅街のイメージが強いです。大森地区はかつては区役所があった区の中心でしたが今では池上本門寺などのイメージが強いです。蒲田地区は開発が進み特に京急蒲田駅付近の京急線の高架により大きく街並みが変わりました。また空の玄関口である羽田空港もこの地区にあります。

 

大田区には主な幹線道路として国道1号線、国道15号線、環状7号線、環状8号線、中原街道などがあります。鉄道はJR京浜東北線、東急池上線、多摩川線、東横線、大井町線、目黒線、都営地下鉄浅草線が走っております。大田区内に駅はありませんが、東海道新幹線やJR横須賀線なども走ってはおります。多摩川をはさみ神奈川県川崎市とも隣接しております。

 

 

大田区で有名な企業といえば、なんといっても下丸子に本社があるキャノンです。あと昔はナムコがありました。多摩川の河川敷にはかつては読売ジャイアンツの練習場がありました。王選手や長嶋選手もここで汗を流していたのです。多摩堤通り沿いの桜並木は見事ですが、最近では、歌で有名になった「桜坂」が大田区で最も有名な桜の名所となりました。その桜坂からもほど近い、丸子橋付近ではアザラシのたまちゃんも発見されました。区内では河川敷に野球場やサッカー場も多く整備されており、スポーツの盛んな区のひとつといえます。

TOPへ