麻布十番

都心の中で、どこよりも老舗の多い街が麻布十番です。

 

近代的な街として発展してきた六本木や赤坂などに比べると、かつてはどこか取り残された、あるいは隠れ家的に大事にされてきた街といった雰囲気もありました。それは、最寄り駅である六本木駅や神谷町駅などからもかなりの距離があって、陸の孤島のようになっていたところに理由があったようです。しかし、都営地下鉄大江戸線や東京メトロ南北線の開通により、その知名度はグッと上がりました。

 

東京の中にもこのような場所があったのかと初めて知った人もかなりいたようです。近代的発展を頑なに避け、老舗のこだわりを大事にしているところに江戸情緒を感じるという街歩きファンも多く、最近では東京めぐりの外国人旅行者からも注目を集めているようです。高層ビルが立ち並ぶようになってからは、その変貌ぶりは目を見張るばかりです。

 

今では、暮らしの拠点とするために麻布十番に住んでみたいという人も多く現れてきています。新たに建った高層ビル群にはマンションビルもあり、地下鉄を利用することで新宿や目黒、浜松町といったJR山手線の駅へ出たり永田町や汐留といったオフィス街にも近いとあって、アクセスの良さも含めて魅力を感じている人が多いようです。

 

2003年に六本木ヒルズがオープンしてからは、麻布十番へは、観光で訪れる人たちだけでなく、ヒルズで働く人たちも自然と足を伸ばしてくるようになりました。麻布商店街では、そんな人たちを、地元に根づいた暮らしをしていた商店主たちが温かく迎えてくれます。毎年、夏には麻布十番納涼祭りが開かれ、近所の大使館からも多くの外国人が繰り出して賑わいます。ずらりと並ぶ屋台は、国際色豊かなものとなり、海外のさまざまなおいしい料理が味わえます。

 

 

港区

東京都23区の港区は、武蔵野台地の東端の部分から、海岸沿いの埋め立て地までの起伏の激しい地形が特徴の地区です。江戸城から見るとほぼ南側に位置していて、高台が豊富にあることから、六本木あたりには昔は大名屋敷が密集していたのです。

 

港区には、東京都23区内にある自然の山としては最も高いとされる愛宕山がそびえています。まわりは平坦な土地であるにもかかわらず、愛宕山だけが突出しているため、かつては人工の山ではないかと疑われることもありましたが、地層を詳しく調べた結果で天然の山であることが判明しています。愛宕山には出世の階段と呼ばれる急な石段があり、頂上には愛宕神社が鎮座しています。現在は超高層ビルに囲まれて全く目立たない山になってしまいましたが、江戸時代には江戸の町や海を見渡せるほど眺望がよい場所として知られていました。

 

港区には東京都23区にある街の中で特に人気が高い麻布十番や六本木などの街があります。近年になって六本木で始まった大規模な再開発によって、六本木ヒルズが誕生しました。森タワーを中心として、多くの超高層マンションが立ち並ぶ人気の街へと変わりました。

 

六本木の東隣の麻布の周辺は外国大使館が多いことで有名です。かつては大名屋敷が多かった場所に、明治時代以降になって低地よりは過ごしやすい武蔵野台地の上に大使館が多く築かれたのです。外国の人が日本の蒸し暑い夏の気候を嫌って、風通しのよい高台を選んで大使館を建てることが行われた結果です。

 

海沿いのほうへ目を移すとレインボーブリッジがあります。お台場と芝浦を結ぶレインボーブリッジは1993年に竣工した吊り橋で、ダブルデッキ構造となっています。上層部は首都高速道路で、下層部には、鉄道のゆりかもめと一般道が通過しています。

TOPへ