自由が丘

自由が丘は、住みたい街として、つねに上位にランクされる街です。その魅力は、名前のとおり、町全体に自由で活き活きとした雰囲気が漂っていることによるでしょう。自由が丘の自由闊達な気風は、文化人によってつくられてきたとされています。それが、地元に住む人に受け継がれ、外から訪れる人も巻き込んで、街全体を包んでいったようです。最近の自由が丘は、スイーツに関心が寄せられているようです。

 

もともと自由が丘には、洋菓子を中心にスイーツの店が多かったのですが、スイーツのテーマパークというべき自由が丘スイーツフォレストのオープンを機に、巨匠の店も次々に出店され、今では、スイーツの聖地といった様相を見せています。多くの人を呼び込む自由が丘の実力の背景となっているのは、交通アクセスの良さにあるといっても過言ではないかもしれません。

 

乗り入れているのは東急線の東急東横線と東急大井町線だけですが、東急目黒線へは1駅で、東急多摩川線へは2駅での連絡が可能で、それぞれ渋谷や目黒へ、あるいは横浜、蒲田へ、そして大井町へ、二子玉川へとあらゆる方向へ伸びているので、抜群の利便性を見せているのです。さまざまな地域から人を呼び寄せているのが自由が丘という街なのです。

 

そういえば、駅から伸びる道路も放射状になっていて、どこにいても駅へと向かうことができます。そして、その通りを歩いている人に聞けば、あらゆるところから来ていることがわかります。まるで、自由が丘という街が、自由な街づくりのもとでつくられたような気にさせてくれるのです。

学芸大学

渋谷からわずか4つ目の駅である学芸大学は、もう閑静な住宅地の真っ只中です。少し足を伸ばせば、再び賑やかに人の行き交う自由が丘の駅へ行き着くのに、ここだけは、あくまでそこに住む人だけが道を歩いているような、昔からの住宅地といった空気が漂っています。とくに近所を用事のない人が歩いているといった雰囲気がないのです。聞こえてくる声も、近所の人同士の会話であったり、子どもの遊び声だったりすることが多いのです。休みの日も、喧騒とはほど遠い雰囲気にあり、隠れ家的な街としての魅力に包まれています。

 

駅の東側を通っている目黒通りは、インテリアショップが多いことで有名です。店頭にはセンスの溢れる家具や調度品などが飾ってあり、店内ではインテリアデザイナーやスタイリストが目的に合ったものを忙しく探していたりします。学芸大学周辺は、すでに駅前あたりからのんびりしたムードが漂っています。

 

その理由の一つには、人通りが少ないということが挙げられそうです。建物についても、駅前に定番の高層ビルがなく、すでに住宅地の空気感が存在しています。この街を選んで住む人には、自分の田舎の駅に戻ってきたような感覚を覚え、懐かしさのあまり越してきてしまったということがあるかもしれません。学芸大学の住宅街の特徴となっているのは、一戸建ての家が多く、高いマンションビルなどがほぼないといったところでしょう。一戸建ての家には庭もついていることが多く、街全体に緑が溢れている印象もあります。慌しさと無縁の優雅な時間が支配しているのが、この学芸大学の街なのです。

 

目黒

目黒川は、春ともなれば花見で人気のスポットになります。川沿いに桜の花が満開に咲くさまはまさに圧巻。そして散る頃には、川面を桜の花びらが覆いつくし、風情を盛り上げます。そんな目黒川へと駅から下る権之助坂や行人坂は、グルメ垂涎の場所。たくさんの飲食店があって、縁日で賑わう目黒不動尊までの楽しみを倍増させてくれます。

 

目黒駅の東側は港区の白金地区となり、庭園美術館や自然教育園などがあってくつろげる散歩コースとなっています。目黒は、若者が好んで集う恵比寿や渋谷が近いため、かえって大人が楽しめる場所としてしっかりと地位を築いているようです。駅前には商店街もありますが、落ち着いた店が多く、ゆったりと買い物を楽しむ人が立ち寄る程度の盛り上がりとなっています。

 

大人の都会を感じさせる街というのが目黒を表す言葉かもしれません。目黒川を中心とする散歩コースもいろいろあって、普段からペット連れで散歩を楽しむ人が多く見られます。

 

そして、目黒通り沿いにはアンティークショップなどが並んでいるので、散歩がてらに店内を覗いてみるという人もいるようです。
目黒駅周辺は、単身者向けのマンションなども多く、物件探しの人にも人気のエリアです。家賃もそう高くないことから、若い人でも落ち着いた暮らしを望む人には、こだわりたい地域となっているようです。

 

そして、最近とみに話題を集めているのがラーメン店。有名ラーメン店が軒を連ね、激戦区の様相も漂わせています。今やラーメン好きなら外せない地区となっています。

TOPへ