東京の引越し 価格の安い業者を見つける唯一の方法はコレ!

引越しにおいて近距離と長距離は、どのくらいが境となるのでしょうか。

 

有名な日通の単身用の引越しパックをみると、近距離とはおよその作業時間が4時間以内で移動距離が30キロメートルまでとされています。

 

東京都内であればおおよそがこの近距離の引越しの範囲以内となるでしょう。また、他道府県間との引越しなら神奈川県の横浜市、川崎市、埼玉県、千葉県の近県も近距離の範囲で収まります。

 

ただし距離的には近距離であっても、上記のように東京ー川崎市や横浜市のような他県との引越しの場合には扱いが違うという業者もありますので確認が必要となります。

 

業者に引越しを頼む場合には、東京都内でもあるいは他県間との引越しであっても単身、家族に限らず荷物の見積もりが必要です。もちろん必ずしも訪問見積もりが必要ということではなくメールや電話で済ませることも可能です。

 

>>>東京の単身引越しはこちらのページをごらんください

 

大家族の場合には荷物量が多いですから、出来るだけ訪問見積もりをしてもらった方が良いと思いますが、荷物が少ない単身者でワンルームのような場合には電話程度で済ませてしまうことが可能です。

 

 

東京の引越しでチョット戸惑ったこと

東京へ地方から引越しを予定している方もいらっしゃると思います。これから新居を探すという方への注意点を書きたいと思います。

 

東京の敷金・礼金・契約更新がお住まいの地域とちょっと習慣が違う場合があります。たとえば札幌などでは敷金が1ヶ月分で礼金なし、契約更新なしなのが一般的だそうです。ところが東京では敷金2ヶ月分、礼金(不要の不動産、大家もあります)、契約更新(2年に一度程度で更新料が発生します)が一般的です。住んでいる不動産の習慣が違うと、かなり面食らうことになりますので心構えが必要です。

 

 

最近、地方から東京に引越しをしたので、引越しの重要ポイントを整理してみました。

 

まず引越し準備段階次に引越し本番そして引っ越し後の片付けで終了しますが、最後に電気・ガス・水道等の引越しが残ります。

 

さてまず準備についてですが、ここで重要なことは、まず引越しスケジュールそして業者発注にするのか、自己で単独引越しを試みるかによりますが、スケジュールは大抵同じことになると思います。いつまでに荷造りをしていつ業者なり運ぶためのレンタカーを準備するかということです。

 

このとき荷姿のサイズと個数と大物をどうするかを考えておくことになります。特に大物は、業者引越しでない場合は友人や知人にヘルプを頼むこととなることを頭に置いておくことが重要です。スケジュールどおり荷姿を造り取り出す順番に合わせて置いて行きます。そしてその荷物に中の物が何かを記載しておきましょう、これはとても効果があります。

 

そして引越し当日はスケジュールにあわせて積み込みを行って引越し作業をします。業者発注なら新居先に先に入り、荷物の置く場所を業者に説明できるようにします。単身引越しなら、荷物と一緒に引越し先にくることになりますね。そして最後にライフラインの引越しを電話を中心に行うことでその日から利用可能です。引越しの重要ポイントは、正に段取りがすべてを決定します。

 

しかし最初の準備段階が綺麗に整理されていると実際の引越しは力労働のみになるのではっきり言うと楽かも知れません。よく引越し貧乏と言う言葉を聞きますが、これは引越しの重要ポイントを理解していないことが多々あるのではないかと感じてしまいます。

 

引越し予定日が決まればいよいよ荷造りですが、、

引越し作業において最も面倒なのは荷造りですよね。一人暮らしの時は引越しの前日に勢いに任せて行うこともできましたが家族を持つとそんな簡単な訳にはゆきません。また大きなお家に住んでいる方以外なら荷造り準備のダンボールの山によって夜に寝る場所がなくなったなんてことも冗談抜きであることです。

 

 

引越し費用を安くする方法はなるだけ自分で荷物を運ぶことです。引越しには様々な作業が伴いますが、それらの作業のうち自分で行う部分が多ければ多いほど、基本的にはコストが低くなります。一番高い引越しは荷物の梱包から部屋の掃除、そして荷物の輸送から、搬入と新居での物の配置、整理までを業者に頼んでやってもらうことです。荷物を運ぶだけならば、その他のサービスをつけた場合よりも安い場合が多いですし、自分でレンタカーを借りて引越すのも、引越し費用を安くする方法のひとつです。

 

大きな荷物がなく、都内の近隣の建物へ引越す場合、月末に引越せば、少しずつ荷物を運べる場合もあります。例えば契約上10月1日からの入居ということになっていても、運が良ければ9月25日以降は家賃なしでいつでも住み始めて構わない、となる場合もあるからです。

 

この場合、自動車を使って一度に荷物を搬入しなくても、自分で少しずつ荷物を運び入れて引越しを完了させることも可能になります。遠方への引越しはかなりの料金が取られるのが普通です。まずはできるだけ捨てられる物は捨てていきましょう。リサイクルショップなどを利用して、まだ使える物は買い取ってもらえば多少のお金になることもあります。また、小包を使って、宅配業者を利用するのも引越し費用を安くする方法のひとつです。小包といってもかなり大きいものまで扱ってくれますし、個数が多ければ割引料金で引き受けてくれることもあります。荷物は電話をすれば車で集荷に来てくれます。

 

一人暮らしの人の引越しの場合は都内の同区内などの近距離の場合には赤帽を使うという方法もあります。ただ基本的に赤帽は運送業者ですので作業員というのはドライバーのおじちゃん(大抵は)ひとりとなりますが、あくまでもお手伝いと考えておいた方が良いかもしれません。荷物を運んだりするのはあくまであなたが主体だという意識を持っていないと大変なことになるかもしれません。大きな家具や家電など生活材が揃っている人は専門の引越し業者に頼んだほうがコストパフォーマンスが良いのは間違いありません。一人暮らし専門業者や単身パックなどのサービスも充実していますので見積もりを取り寄せて検討してみても良いと思います。そうすることによって引越し代が一万円というかなり安い費用で済ますことも可能になってきますので。

 

東京に引越してきて半年が経ちます。社会人になり職場に近い場所にしたのです。引越しとは人生の分岐点だと思います。良くするのも悪くするのも自分次第だと思います。私は良くなる方でした。引越しすることのメリットの一つとして、新しい環境にワクワクドキドキすることがあげられます。知らない環境は不安も心配もあると思いますが、やはり楽しいですよね。とくに私の場合一人暮らしだったので自分の新しい城を持てた気になりました。新しい家ではまず、どんなレイアウトにするか考えます。自分の所有物を見直すチャンスです。これも引越しのメリットですね。

 

できるだけ引越しの荷物は少なくしたいので、いらないものはこの機会に捨ててしまいましょう。私も使わない服や靴、バッグなどを捨てました。思い切ってベッドも捨てました。仕事の疲れを癒すためには良い睡眠をとらなくてはと思ったからです。新しいベッドを自分の好みに合わせた柔らかさや手触りのものを選びました。そして、新しい電化製品も買いましたね。

 

最近では新しい電化製品がすぐに発売されます。新しい環境になるのだから、その部屋に合うものを買いました。もちろん、ずっと使ってきたこたつ机など、自分の気に入ったものはそのまま使っています。私は引越しするときにキッチンの造りを気にしました。コンロは2口あるか、水回りとコンロの間にまな板を置けるスペースはあるかも重要なポイントでした。実は引っ越すまで料理はまったくしませんでした。ですが、この家になってからせっかくキッチンがキレイなんだから料理をしようと思うようになりました。

 

こうした心情の変化を生むのも引越しのメリットだと思います。引越しのメリットはひとそれぞれ違うと思います。是非みなさんも引越してみて自分で感じてみてください。費用が気がかり?そんな時には見積もり比較サービスを使って東京都内の安い業者を見つけて節約をはかりましょう。

 

東京都内の引越しで評判の業者は

東京都内の引越しの際に、どこの業者を利用しようか迷っている場合には大変、参考になるランキングがあります。

 

最近、利用者が急増している、引越しの際に一括で見積もりを取得できるサービスをご存知でしょうか。そのサービスの大手「引越し価格ガイド」が利用者にアンケートをお願いして満足度を集計しているランキングがあります。特定の個人の意見に左右されない統計なのでハズレの引越し業者を選ぶ確率がグンと下がりますよ。

 

東京の利用者の大手引越し業者ランキング

 

東京の利用者の地域密着中小業者ランキング

 

全国の利用者のランキング

 

興味深いのは全国の利用者のランキングを見ると、満足度は大手の引越し業者よりも地域密着型の業者の方が利用者の満足度が高いことが分かりますよね。

 

一般的には大手の方が料金は高めと言われています。でももちろんそれだけではなく、地域密着型の業者の場合には土地勘などの地の利があることが引越し作業をスムーズに行えるという利点もあるのではないかと思います。もちろん東京都内の土地勘を大手が持ちあわせていないということではありませんが、中小の方が小回りが効きそうな感じはありますよね。見積もりを比較する際には、こういうところも参考にされてみてください。

 

>>>1番安い東京の引越し業者は見積もり比較で!

 

 

ただもちろん大手がそんなに悪いということはありません。安心感がありますよね。これは知名度だけではなく、万が一の引越しトラブルの際の保証なども信用力ということでは大手に分があると思います。それに中小の業者の場合には当たり外れがあると一般的に言われるところですが、その点、大手の場合は若干料金的には高めかもしれませんが、ハズレの無い均一的なサービスが期待できることも魅力です。

 

東京都内での引越しとだと近距離というイメージがありますがさにあらず。東京都内の東西ではかなりの距離がありますね。千葉県境から山梨県境の距離となります。まあそんなに引越し件数があるとは思えませんが、でも江戸川区と八王子などならそれなりにありそうですよね。都内だからと言ってもそういう引越しであれば料金もそれなりです。一社だけに訪問見積もりを頼んでそれで決めてしまうなどということは決してしないようにしまよう。少なくとも5社程度の見積もりを比較して決めるようにしてください。その際にオススメなのは引越し価格ガイドのサービスです。このサービスは一度の申し込みで(タダ)最大で10社の見積もりが取得できますのでこのサービスを使えば自分で電話したりする必要はありません。

 

東京都内の引越し料金については参考になるページがありますのでご紹介します
>>>1番安い東京の引越し業者は見積もり比較で!

 

東京の引越し前日にはどのようなことをすれば?

当日はどのような内容になるのでしょうか。これまで十分に準備してきましたが、引越は大きなイベントとなりますので、段取りは慎重に確かめておきます。

 

この時期には荷造りなどほぼ完了しているかも知れませんが、当日の段取りを確実なものとする前に準備をしていくと良いかも知れません。事前に作成しておいたノートなどを改めて確認し、不測の事態にも備えておきます。作業がいくつか残ってしまった時ですが、夜更しをせずに翌朝早めに起床して片付ける事をおすすめします。引越の荷物とは別に自分で持参していく貴重品をはじめとする私物などを分け、ひとまとめにします。他の荷物に紛れる等して紛失してしまわないように気をつけましょう。

 

引越の作業に用いる事になるハサミやカッター、手袋やマジック、ゴムやテープ、紐や古新聞といったものをまとめて分かる場所に置いておきましょう。当日は清掃なども必要になりますので、掃除道具一式も手元に置いておきます。ちなみに、引越し前日の最後まで使っていたものに関しては当日もすぐ使用する可能性がある事を念頭に置いておきましょう。

  • 携帯電話の充電は十分にされていますか?連絡の手段として頻繁に用いる可能性もあります。
  • 見積書の確認をしましょう。
  • 引越先の新居の住所を今一度確認し、記載された紙や地図などを手元に控えておきます。
  • 本格的な作業へと突入する前に、配置図などを手元にまず打ち合わせをしておきましょう。
  • 自分たちで運ぶものはどれか、割れ物が入っている箱の確認、最初に運び入れるものや最後に運び入れるものを再確認します。
  • 料金の支払い方法と支払いのタイミングや作業時間の確認もこの時にしておきます。

次に清掃用具や貴重品等の確認を行います。一箇所にまとめ、わからなくなってしまうと言った事がないよう十分に注意しましょう。ワレモノや大型の家具や家電などは、破損等のトラブルに発展する恐れもありますので業者の方に一任する方が良いです。荷物などを運び入れた際に壁や荷物に傷がついてしまった場合には、出来る限りその場にて確認を行いましょう。その後は運び込む荷物や箱の数をしっかり把握し、積み残し等を確認していきます。問題なければ清掃を行います。

最後に作業の責任者と作業した内容の確認を行います。中でも大型の家電や家具等の配置においては、移動が困難ですのでしっかり確認しておきます。家具や家電、壁などに傷がないかは何度も確認する事をおすすめします。

近隣への挨拶は一週間前でも良いですが、間に合わなかった場合でも前日までにはご挨拶をするべきです。当日は迷惑を掛ける事にもなり、多忙を極め挨拶に行く暇が作れないからです。また、当日の流れをもう一度確認しておくのも良いかもしれません。チェックリストなどを確認しつつ、問題がないかどうかをしっかりと把握しておきます。今使っている洗濯機を新居でも使う場合は、洗濯機の水抜きをします。最後に、寝る前は冷蔵庫のコンセントを抜いておきましょう。

 

引越しはかなり面倒なのですが

親の転勤、大学への進学、就職、結婚や転勤など。人によってその回数は違うかもしれませんが、人生には何度か大きな転機が訪れます。そしてその度に必要となってくるのが「引越し」です。

 

引越しをすることでこれまでとはまるで違う生活を送ることになります。新生活に心躍るような気持ちを抱く人も多いのではないでしょうか?
しかし引越しにはしなくてはいけないことが山ほどあります。

 

知らないまま引越し当日を迎えてしまい途方にくれてしまった。なんていうことが無いように、事前に引越しに必要なことを知っておきましょう。

 

まず、引越しは荷物の規模によってその方法が大きく異なります。自分の状況を考えて、最適な引越し方法を検討しましょう。荷物が多ければ多いほど、必要な予算も多額なものとなってしまうのでこの機会に要らないものは思い切って処分してしまうことをお勧めいたします。その際、処分方法に関してもお住まいの自治体によって処分方法が異なりますので注意が必要です。

 

引越しはどの業者に頼むのかということも重要になってきます。業者によってサービス内容や料金が異なることはもちろん、何か損害が発生した場合への補償制度も変わってきます。注意するポイントを予め知っておき、きちんと単身引越し 費用 見積もりを確認することで賢く引越しをしましょう。

 

また、引越しが煩わしい原因の1つに膨大な手続きが挙げられます。住まいが変わることによる住民登録の変更から公共料金の申し込みまで、面倒くさくてもやらなければいけないことが沢山あります。後からするのを忘れていたなんてことがないように、面倒なことは一度にすべてやってしまいましょう。

 

さらに、引越しをする際にもマナーは大切です。これまでにお世話になった人やこれからお世話になる人に配慮を怠らないことが円満な人間関係の構築につながります。もしかしたら引越しにおいて最も重要なポイントかもしれません。

 

そして最後に、起こらないに越したことはありませんが、トラブルがもし起きてしまった場合にも備えなければいけません。例えばよくあるのはマンションの引越しのケース。荷物の搬出・搬入が困難な時などです。この記事がトラブルの防止方法や対処方法、そして安い引っ越し方法を知ることで、余計な被害を最小限に抑え、明るい新生活を迎える力になれれば幸いです。

引越しの決断について

引越しは自分の意思で行うものと、どうしても行わなければならない場合があります。どうしてもという引越しは好むと好まざるとに関わらず引越しをしなくてはいけないときというものが長い人生の中で必ずやってきます。人は長い人生の中で引越しをするときというのが必ずやってきます。自分の意思で行う引越しという前向きなものもあるでしょう。

 

また、逆に人生のうちで一度も引越しを行わない人がいるとしたら、その人はどのような人生を歩むのかとても興味がありますね。また、人によっては人生のうちで数え切れないほどの引越しをしたという人もいることでしょう。いまではそのくらい引越しは私たちにとって身近なものであるということがいえるのです。このようなことから引越しを行うと言うことに対して億劫がらずにうまく付き合っていきたいものです。引越しをうまくこなすにはいくつかのコツがあります。引越し経験豊富な人に言わせると、いかに事前準備を怠りなく行うかということのようです。要は荷造りなどの梱包が引越しの成否を決めるということですね。

 

引越しを行うということはこのような梱包などの事前準備が大事です。これが完璧に行われていることで引越し業者の作業量が格段に減ることになるのです。また、この荷造りの量が少ないのであればそれはそれで自分たちで引越しをすればよく、遠距離の引越しであれば引越し業者に依頼することになるでしょう。いずれにしても引越しの成否は事前準備にかかっているということですね。

引っ越さないという選択

引越しをしなくては行けない状況というのは様々です。引越しをみずから望む人も多いかと思います。それは大学に入るために新しい住まいを確保し、そこに引越しをしなくてはいけない場合も含みます。また、就職がきまり、その会社に出勤するために引越しをしなくてはいけないことも自ら望んで引越しをするパターンといえるでしょう。

 

また、曲がりなりにも引越しをしなくてはいけない場面というのももちろんあります。それは会社員になってからが多いと思うのですが、その多くは会社から出る異動です。地方の会社であれば東京勤務になることも多いと思いますし、東京本社に勤務の場合であれば地方の営業所に異動することもあるかと思います。これらは多少の希望によることもあるのですが、大半は会社命令での異動が多いようです。

 

このような引越しは会社員である以上避けて通れるものではなく、大半の場合は会社の命令で引越しをすることになります。また、そのような命ぜられるままの引越しに背を向けて引越しをしないという選択をする人も中にはいるのです。このような人はもともと引越しが嫌いな人もいるかもしれません。引越しをするのが億劫なので自宅から通える大学を受験した人もたくさんいます。

 

また、自宅から通える会社に就職した人もたくさんいることでしょう。このような人たちは引越しをすることが嫌いですから、どのような場合でも引越しを行わないという選択をすることが多いのです。

TOPへ