東京都庁舎

東京都庁舎は、東京都にある新宿副都心にある東京都庁の本庁舎ビルです。東京都庁舎は、別名があり東京新都庁舎、または東京都本庁舎と呼ばれることもあります。

 

東京都庁舎は昔、丸の内にあった旧都庁舎が老朽化により倒壊の危険性があった為、当時の都知事である鈴木俊一氏により現在の新宿区西新宿二丁目8番地1号へ新たに都庁舎を建て替えて、移転しました。新都庁舎である現在の東京都庁舎は、1988年4月に着工され19990年12月に竣工しました。現在の東京都庁舎は、鉄骨構造、鉄骨鉄筋コンクリート造となっており、高さは243・4m。敷地面積14,350u、建築面積11,042uとなっています。東京都庁舎は地上48階建て。地下3階の建物です。東京都庁舎の年間管理維持費は約40億円と言われています。

 

現在の東京都庁舎が正式に稼働し始めたのは1991年の4月1日です。第一本庁舎、第二本庁舎、都議会議事堂の3棟を擁しています。東京都庁舎は、新宿副都心を抱える地域性から東京都の行政の中心地域となっており、東京都の中枢機能をも兼ね備えています。