転出・転入届は引越し手続きのメインとも言えます

これから引越を予定されている方、今からバタバタと準備をしているのではないでしょうか。引っ越しは、荷物などをまとめるだけでなく、様々な手続きが必要となるのも面倒ですよね。でも、様々な手続きは必要不可欠。面倒でも、やるしかありません。その手続きのひとつ、転出・転入届も大切となってきます。引越の際には、住所が変わることを役所へ届けることが必要となります。この転出・転入届は、いつまでに提出するかは決められています。また、同じ市町村内での引越か、市町村外への引越によっても手続きも異なることになりますので注意が必要となります。

 

まずは、同じ市町村内へ引越す場合の手続きをご紹介します。まずは、引越の日から14日以内に転居届の提出が必要となります。届出の際には、印鑑が必要となりますので忘れずに持って行きましょう。同じ市町村内の引越の場合には、この転居届を提出することで住所が変更になりますので、市町村外へ引越すよりは手続きは簡単となります。

 

では、現在とは違う市町村へ引越す場合。まずは、引越元の役所にて転出届を提出することになります。転出届を提出する際には、印鑑と身分証明書が必要となります。これで、転出証明書が発行されることになります。こちらの手続きは、引越日から14日以内に提出となっていますが、引越先が遠方の場合には引越後、わざわざ戻って手続きをしなくてはいけなくなりますので、引越前に行うようにしましょう。引越後は、新しい住所を管轄している役所へ転入届を提出します。この際、転出証明書、印鑑、身分証明書が必要となります。こちらも、引越後14日以内に提出が必要となります。

郵便物の手配なども必要

これから引越予定という方は、今頃準備に追われているのではないでしょうか。引っ越しは、本当に大変な作業。お仕事をしながら…なんて方は、大変ですよね。引越の際には、様々な手続きが必要なことも忘れてはいませんか。その中のひとつ、郵便物の手配なども必要となりますので忘れずに行いましょう。郵便物を転居先へ変更する場合には、郵便局などに置いてあるハガキを利用するか、インターネットにて転居手続きを行うことになります。仲の良い方には、頻繁に会っているから簡単に住所変更などはお知らせできますが、お仕事をしているとなかなかそんな時間も取れないという方も多くいらっしゃると思います。まずは、この転居届を出しておけば転居後に旧住所に郵便物が届いても新居へ送られてきますので安心ですよね。

 

また、この転居届は1年間有効となり引越後1年間は旧住所に送られてきても、新居にきちんと届くようになります。更に、この期間を1年間延長することも可能となります。必要だなぁと思った方は更新をするようにしましょう。

 

その他、単身赴任などで家族の中の一人だけ引っ越すという場合もありますよね。そういった場合には、引っ越した方だけは新住所へ。その他の方は、今まで通りの住所へということも可能になります。一人暮らしで、しばらくは入院することになったという方は、入院先に転送することもできます。こういったサービスを利用したいという方は、一度郵便局でお問い合わせしてみましょう。

転出・転入@引越しの手続きについて《東京の引越し業者で安いと評判の業者はどこ?》関連ページ

公共料金
インターネットや電話
車とバイクの住所変更手
賃貸マンション・アパート