一人暮らしの引越し『上手な荷造り方法』

一人暮らしの荷造りといっても人によって荷物の量や内容は違いますよね。親元から離れて初めて一人暮らしをした時は衣類や本などをダンボール数個に詰め込むだけで、家電や家具は購入した店から配達してもらったので荷造りにとは言うほどではなく楽チンなものでした。

 

初めて一人暮らしをしていた部屋から新たに引っ越しをしたときは荷物の量も増えていて、引越しの荷造りはこんなに大変なのかと感じました。何度か引越しをしているうちにだんだんと荷造りも慣 れるようになりました。引越しの荷造りをどうしたら良いか経験のなかから紹介したいと思います。

 

引越しの荷造りに必要なものは、ダンボール・ガムテープ・ ビニール紐・カッター・軍手もしくは手袋・新聞紙もしくは緩衝材(俗に言うプチプチ)・マジックです。ダンボールは引越し業者と契約したときにもらえま す。ダンボール無料といっても実費などにはいっていたりします。自分でダンボールを集めると引越し料金が若干安くなります。

 

また、引越し業者が用意してく れるダンボールでも新品でなければ本当に無料となるところもあります。ガムテープはダンボールのフタをしたりするのに使います。そんなの言われなくてもわかりますよね。ダンボールなどで手を切ってしまうことがあるので軍手もしくは手袋をはめて荷造りをします。ダンボールの小さいものには本や食器など重くな るものを詰めます。ダンボールの大きいものは服などあまり重量がないものを詰め込みます。

 

引越しの前日に荷造りをしようと思っていたら、痛い目にあいますよ。自分で思っている以上に荷物はあるものです。引越しの数日前からシーズンオフの ものやあまり使わないのもからダンボールに詰め始めます。あまり使わないものでも数年間使っていないものは処分したほうが賢明ですね。使わないものを持っていくだけで荷物量が増えてしまい、新居でジャマものになってしまいます。

 

一番面倒なのは食器などの壊れ物ですね。食器は一つ一つを新聞紙もしくはプチプ チで包みます。ダンボールに入れたあと隙間を埋めます。隙間があると物が物がぶつかって壊れる可能性があるからです。隙間には新聞紙やプチプチを丸めたも のを入れてもいいですけど、タオルやTシャツなどを入れてもいいです。タオルなどを入れると荷物の量を減らせるので、一石二鳥になりますよ。ダンボールに は中に何が入っているか、新居で先に荷解きをしたほうが良いかわかるようにマジックで記入します。荷造りが終わったダンボールは生活にジャマにならないところに置くようにしましょう。置く場所が悪いと何度もダンボールを移動させなければいけなくなりますよ。重いダンボールは下に、軽いダンボールは上にします。

 

間違って軽いダンボールを下にすると潰れたり、中の物が壊れたりします。部屋が狭くて荷造りをしたものを置くところが確保できない、荷造りが面倒という方は引越し業者に荷造りをしてくれるプランがあります。引越し費用は高くなりますが荷造りの悩みからも開放されます。

一人暮らしの上手な荷造り方法|東京の引越し業者で安いと評判の業者はどこ?関連ページ

単身パック