東京の日本橋について 

東京の日本橋とは、東京都中央区に位置する日本橋川に架けられている橋のことをさします。また、東京都中央区の日本橋付近の地域を日本橋と呼ぶこともあるようです。日本橋という橋の名前は大阪市と福島県にも存在しますが、大阪は日本橋と書いてにっぽんばしと読み、福島県では、日本橋と書いてひもとばしと読んでいるようです。ちなみに東京の日本橋では、にほんばしと読みます。

 

東京の日本橋にある日本橋川は東京都千代田区と中央区を流れる一級河川となっており、下流には日本国道路元票があることでも有名です。東京の日本橋川は15世紀〜17世紀にかけ、いくつかの水利工事が行われて、現在の日本橋川の景観となりました。東京の日本橋川は、千代田区と文京区の境にある小石川橋で神田川に分かれます。神田川は南東方面へ流れて中央区の隅田川に合流します。隅田川にかかる永代橋は夕方になると夜の10時まで青白くライトアップされることで有名です。ライトアップされた美しさは近辺の住民ほか、観光客を魅了しています。東京の日本橋川は、ほぼ全域に渡って上方を首都高速道路が通っており、現在の日本橋川は首都高速の高架下を流れています。