公共料金の引越しの手続きについて

引越となると、荷物の整理や梱包だけではなく様々な手続きも必要となりますよね。やることがありすぎて、頭を痛めている方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

水道の手続きは重要です

様々な、手続きを行う中に、水道の手続きがあることは忘れてはいませんか。引越の際には、水道の手続きも必要となります。引越が決まったら、水道局へ引越の旨を連絡するようにしましょう。この連絡は、できれば引越日の一週間前までに行うようにしましょう。また、連絡を行う際には契約者の名前と現住所、新居の住所、引越日時、連絡先などが必要となりますので、事前に準備しておきましょう。水道の場合にも、電気やガス同様、引越当日分までの料金を立ち会いにて請求が行われることになります。場所によっては、立ち合いは行われず、自分で元栓を閉めることもありますので、電話連絡の際にどうしたら良いか確認するようにしましょう。

 

また、忘れてはいけないのは新居の水道の手配。水道の場合には、元栓を開けることですぐに使える状態になります。しかし、マンションなどによっては元栓などの場所が異なりますので、こちらも確認が必要。契約に関しては、マンションによっては水道料金が家賃と一括で支払うというタイプのものもありますので、こちらも入居の際に確認が必要となります。
このように、水道も電気やガスの手続きと同様、退去分、入居分の手続きが必要となります。何か分からないことがあれば、水道局に確認するようにしましょう。

電気とガスの手続きは引越しで重要

引越の予定があるという方、いらっしゃいますでしょうか。引越の際には、様々な手続きも必要となるため大変ですよね。その手続きのうち、電気やガスの契約の手続きも大切となりますので忘れないようにしましょう。

 

まず、引越が決まった際には電気やガスの契約は移転手続きというものが必要となります。それぞれの、電気会社、ガス会社に連絡をして引越の旨を連絡しましょう。連絡は、引越の一週間前までに済ませておくのが理想的ではないでしょうか。この引越連絡の際には、契約書の名前や現住所、また引っ越し先の住所や引っ越し日、連絡先などが必要となりますので事前に用意しておきましょう。

 

電気やガスは、引越日当日まで使うことになると思います。ほとんどの方が、引越日の当日に立ち会いの元、精算を行っています。電気会社、ガス会社ともに事前に引越日を連絡しておくことで当日係員が訪問してくれます。もし、都合が悪いという方は後日引っ越し先に請求書を送ってもらうこともできます。引越連絡の電話の際に、そういったことも確認した方が良いかもしれませんね。

 

更に、電気、ガスは新居でも当然使用することになると思います。電気、ガスは事前に連絡を行わなければ利用することができません。引っ越し先の電気、ガスの契約も忘れないようにしましょう。電気の場合には、電気のブレーカー近くに電気使用開始申込書というものがあると思います。そちらを記入して投函するだけでOK。電気は当日から使用できます。ガスは、ガス会社の方に来てもらい元栓を開けてもらう必要がありますので、あらかじめ連絡しておきましょう。

公共料金@引越しの手続きについて《東京の引越し業者で安いと評判の業者はどこ?》関連ページ

転出・転入
インターネットや電話
車とバイクの住所変更手
賃貸マンション・アパート