賃貸マンション・アパートの引越し手続きについて

これから引越を考えている方も、いらっしゃるのではないでしょうか。今、お住まいのお家は賃貸のマンションやアパートという方も多くいらっしゃいますよね。まずは、引越を考えた際には今暮らしているマンションやアパートなどの契約書を確認するようにしましょう。退去の申し出は、一般的に1か月前に行うことになっています。

 

そのため、この申し出を忘れてしまうと余計な家賃を支払うことになりかねませんので気をつけましょう。契約書によっては、この申し出は2か月前、3か月前というものもありますので十分確認しましょう。万が一、契約書を紛失してしまった…なんて方は、大家さん、もしくは不動産仲介業者などに連絡をとり確認をするようにしましょう。

 

そして、引っ越し先も賃貸マンションやアパートの場合、契約のタイミングって難しいですよね。上手にタイミングを行わないと、ダブル家賃となってしまう可能性がありますので計画的に行うようにしましょう。理想は、現在暮らしているマンションの退去日に合わせ、引っ越し先の新居の契約を結ぶこと。しかし、実際には良い物件が見つからないということもあるので、タイミング良くというのは難しいですよね。もし、良い物件を見つけた場合には、他の方に契約されて後悔されるよりも、多少のダブル家賃を覚悟しておいた方が良いかもしれませんね。

 

ちなみに、新居のキープできる期間は、一カ月前が一般的。しかし、今は季節、業者によってはキープ期間を長く設定しているところもありますので確認してみましょう。

賃貸マンション・アパート@引越しの手続きについて《東京の引越し業者で安いと評判の業者はどこ?》関連ページ

転出・転入
公共料金
インターネットや電話
車とバイクの住所変更手